院長・野口英雄医師

院長・野口英雄医師■私のモットー
足の外科を専門としています。足の関節鏡視下手術など、最先端の手技を地域に生かしていこうと思います。


■経歴

●学歴  
1985 昭和59年 3月 埼玉県立熊谷高等学校卒業
1992 平成 4年 3月 群馬大学医学部卒業
1992 平成 4年 6月 群馬大学医学部整形外科学教室入局
●職歴  
1992 平成 4年 6月 群馬大学付属病院整形外科
1992 平成 4年12月 桐生厚生総合病院整形外科
1993 平成 5年 6月 富岡厚生病院整形外科
1993 平成 5年12月 群馬大学付属病院麻酔科研修
1994 平成 6年 6月 館林厚生病院整形外科
1995 平成 7年 6月 千栄会昭和病院整形外科
1996 平成 8年 6月 生厚生総合病院整形外科
1997 平成 9年 6月 社会保険群馬中央総合病院整形外科
1998 平成10年 6月 原町赤十字病院整形外科
1999 平成11年 6月 深谷赤十字病院整形外科
2000 平成12年 6月 社会保険群馬中央総合病院整形外科
2004 平成16年 6月 石井クリニック

■資格・その他

1992 平成 4年 5月29日 医師免許証取得
1999 平成11年 3月19日 社団法人日本整形外科学会専門医
2000 平成12年11月22日 身体障害者福祉法指定医
2003 平成15年10月 1日 財団法人日本体育協会公認スポーツドクター
2010 日本足の外科学会評議員

■論文・寄稿

● 野口英雄、長瀬満夫、宇田川英一、高橋綾子、小林功:MRSA感染症例の治療経験と予防対策関東整災誌, 25: 17-20, 1993.

● 野口英雄、長谷川惇、高岸憲二:外反母趾 ―痛風発作に類似した前足部疾患―,日本臨床 61巻 増刊号1: 437-441, 2003.

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一、金子洋之、中島靖行、高岸憲二:重症踵骨骨折50足の治療経験―内側および前外側進入法を用いた手術治療―. 日本足の外科学会誌, 24 (2): 45-51, 2003.

● 野口英雄、長谷川惇:踵骨関節内骨折に対する観血的療法(内側皮切による). Monthly Book Orthopaedics 16 (1): 50-59, 2003.

● 野口英雄、長谷川惇:足関節軸圧骨折の治療. 関節外科 vol.23 No.9: 50-60, 2004.

● 野口英雄、長谷川惇:重症踵骨骨折に対するわれわれの治療法 ―低侵襲な内側および前外側進入法を中心にー. 日本整形外科学会雑誌 79: 29-37, 2005.

⇒ 以降の業績についてはこちらから

■学会講演

● 野口英雄、長瀬満夫、宇田川英一、高橋綾子、小林功:MRSA感染症例の治療経験と予防対策.第26回関東整形災害外科学会:1993 (5).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一他:内側および前外側進入法による踵骨骨折の治療経験.第23回日本足の外科学会:1998(6).

● Hideo Noguchi, Atsushi Hasegawa: Operative Treatment of the Calcaneal Fractures using Medial and Anterolateral Approach. IFFAS Founding Meeting, Kyoto: 1999 (10).

● H. Noguchi, A. Hasegawa, S. Tomizawa, K. Takagishi, Y. Nakajima, M. Miyazawa: 11Cases of Operative Treatment of the Ossification of the Achilles Tendon at Insertion. The 4th Asian Symposium of Foot and Ankle Surgery, Cheju, Korea: 2001(3).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一、中島靖行、高岸憲二:内側および前外側進入法による踵骨骨折の観血的治療. 第26回日本足の外科学会:2001(6).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一、中島靖行、高岸憲二:創外固定器を併用した鏡視下距骨下関節固定術の小経験. 第27回日本関節鏡学会. 2001 (9).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一、金子洋之、中島靖行、高岸憲二:創外固定器を応用した足関節果部骨折変形治癒症例の手術療法. 第27回日本足の外科学会:2002 (6).

● Hideo Noguchi, Atsushi Hasegawa, Kenji Takagishi: Four Cases of Arthroscopic Subtalar Arthrodesis. IFFAS Triennial Scientific Meeting, San Francisco, USA: 2002 (9).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一、高岸憲二:当院における陳旧性足関節外側靱帯損傷に対する解剖学的靱帯再建術の治療経験. 第28回日本足の外科学会:2003 (6).

● 野口英雄、長谷川惇、富沢仙一:足関節果部骨折の手術における工夫 ―三角靭帯修復の必要性についてー. 第5回群馬整形外科研究会:2004 (4).

● 野口英雄、長谷川惇:内側および前外側進入法による踵骨骨折の観血的治療. 第77回日本整形外科学会学術集会:2004 (5).

● T型リコンストラクションプレートに骨移植を併用した足関節固定術の治療経験. 第29回日本足の外科学会:2004 (6).

● 野口英雄、長谷川惇、高岸憲二:難治性踵骨骨折に対する我々の治療方法  ―内側小皮切を用いた徒手整復法を中心に―. 第30回日本骨折治療学会:2004(7).

● 野口英雄、石井義則、松田芳和:足の鏡視下手術. 第8回埼玉手術手技研究会:2004(10).

⇒ 以降の業績についてはこちらから

医師紹介ページへ戻る

▲ ページトップ