2004年 実績(平成16年)

■学会発表(国内)

●医局部門

・第33回 日本人工関節学会(2/21〜22 別府)

・第34回 人工関節学術集会(千葉)
可動式人工膝関節置換術における冠状面の動揺性の検討
松田芳和 石井義則

・第5回 群馬整形外科研究会(群馬)
足関節果部骨折の手術における工夫―三角靭帯修復の必要性について―  
野口英雄

・第77回 日本整形外科学会学術集会(神戸)
セメントレス人工膝関節置換術での出血量からみた至適駆血退圧の検討
石井義則 松田芳和

・第77回 日本整形外科学会学術集会(神戸)
可動式人工膝関節置換術後における動揺性と臨床結果との関係
石井義則 松田芳和

・第77回 日本整形外科学会学術集会(神戸)
内側および前外側進入法による踵骨骨折の観血的治療
野口英雄

・第29回 日本足の外科学会(東京)
T型リコンストラクションプレートに骨移植を併用した足関節固定術の治療経験
野口英雄

・第30回 日本骨折治療学会(東京)
難治性踵骨骨折に対する我々の治療法―内側小皮切を用いた徒手整復法を中心に―
野口英雄

・第8回 埼玉手術手技研究会(埼玉)
足の鏡視下手術

野口英雄

●リハビリ部門

・第39回 日本理学療法学術大会(5/27〜29 仙台)

橈骨遠位端骨折に対するnon-bridge肩創外固定術−早期運動開始の臨床的意義に関する検討−

高橋 賢

人工膝関節置換術における術中獲得可動域と退院時との比較検討−PCLの影響を中心に−

石井 亮

スポーツを契機に発症した膝蓋腱断裂の一症例

木賀 洋

■学会発表(国外)

・The 50th Orthopaedic Research Society.2004(3). San Francisco USA.
Arthrometric evaluation in cementless mobile-bearing total knee arthroplasty.
Ishii Y. Matsuda Y.

・The 50th Orthopaedic Research Society.2004(3). San Francisco USA.
Coronal laxity in vivo in mobile-bearing total knee arthroplasty.
Matsuda Y. Ishii Y

・The 50th Orthopaedic Research Society.2004(3). San Francisco USA.
Coronal laxity affects the range of motion after total knee arthroplasty.
Matsuda Y. Ishii Y.

■講演(国内)

・札幌
可動式人工膝関節置換術における軟部組織バランスKick off meeting.
松田芳和 石井義則 野口英雄

■講演(国外)

・Innovations in knees,hips extremities. 2004(4). Australia.
In vivo kinematics and clinical evaluation of meniscal bearing knee prosthesis.
Ishii Y. Matsuda Y

・2004(11). Osaka
Dynamic external fixator for distal radius fractures(F-wrist).
Matsuda Y. Ishii Y. Noguchi H

■論文(国内)

・関節外科 vol.23 No.9:50-60,2004
足関節軸圧骨折の治療
野口英雄

■論文(国外)

・The knee 2004;11:293-295.
Effect of total knee zrthroplasty on patients’ bone quality.
Ishii Y. Matsuda Y.

・Clin Orthop.2004;429:138-295.
In vivo laxity of low contact stress mobile-bearing prosthesis.
Matsuda Y. Ishii Y

・J Orthop Sci. 2004;9:6-9
Identifying the center of the femoral head using Ultrasonography.
Matsuda Y. Ishii Y

▲ ページトップ